2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

文化・芸術

2010年3月 2日 (火)

ロートレック 藤沢でも再演決定!

さらだたまこからのお知らせです。
私が構成・脚本・作詞を担当した
沢木順ソロミュージカル『ロートレック』が、
5月4日藤沢市民会館小ホールにて再演が決定。

Sawaki250_3

GWのまっただ中、お昼の14時開演です。
料金は3000円(全席自由)藤沢公演について、
詳しくは主催事務所のオフィスサワキまで
Tel 0467-44-4401   090-9368-4708  

2010年2月13日 (土)

ロートレック神戸公演、チケット本日発売開始です。

昨年11月に東京の内幸町ホールにて初演の『沢木順ソロミュージカル・ロートレック』
19世紀末、パリのモンマルトルのキャバレー『ムーランルージュ』のポスター画で一躍人気を博した画家、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの生涯を歌と踊りで描いた作品。

Sawaki250

ソロミュージカルは、劇団四季出身で、数々のミュージカルシーンで活躍する沢木順さんが、自ら企画したコンテンツ。『ロートレック』はそのソロミュージカルの第2弾!(第1弾は小泉八雲)。ソロミュージカルは、たった一人で演じるミュージカルであるとともに、沢木さんの場合、役者本人が企画から、原案、脚本、作詞、演出にいたるまで自らプランを練り上げて形にしたものです。
ご本人曰く「落語の発想です。落語を歌と語りと踊りで表現したのがソロミュージカル」

私、さらだたまこは、このロートレックの作品に関して、37年のロートレックの人生にはせる沢木さんの熱い思いを約1時間半のステージに集約して構成すること、そして脚本、作詞のお手伝いさせていただきました。

さて、再演が決定。5月22日、新神戸オリエンタル劇場で。
今日からチケットが発売になります。
詳細はこちらをご覧下さい。

2009年11月 5日 (木)

新作沢木順ソロミュージカル『ロートレック』

久々の書き下ろしです。
新作ミュージカル!『ロートレック』Sawakiposters

11月16日開演。19日まで千代田区の内幸町ホールにて上演します。
ベテランミュージカル俳優 沢木順さんが、たったひとりでロートレックと彼にまつわる人々を歌と踊りと語りで演じ分けます。

私のミュージカル作品歴は、博品館で上演したOLミュージカル『ザ・ピンクスポッツ』青山劇場で上演したホリプロ・こどもミュージカル『はだかの王様』などなど。

ミュージカルって、嫌いだ、苦手だって言う人がいます。
ストレートに芝居をやればいいのに、なんでそこで歌ったり、踊ったり?って。
ごもっとも! そういう構成にしちゃうと、なんかこっぱずかしくなりますね。
でも、コンサートだったらどうでしょう? 歌を何曲も聴けますでしょ?
ミュージカルって最初に歌ありきなんです。 もちろん台本を書くときはストーリーを追って構成しますが、歌を抜かしても大丈夫な風には台本は書かず、むしろ台詞がなくて歌だけで構成しても物語が見えてくるように綴っていくようにして書いてます。

新作もしかり! ぜひ会場にお運びください。
   

 

2006年8月21日 (月)

なつかしい作品『ベクトル・フレンズ』

Shauppost 中学生・高校生向きの戯曲の本『読んで演じたくなるゲキの本』(幻冬舎刊)に、オリジナルの書き下ろしで、さらだたまこの戯曲が各篇1作ずつ、掲載された記事はすでにご紹介しましたが、個性溢れる作家が書いた戯曲集で、他の作品も優れものばかりです。是非多くの皆さんに読んで、そして活用していただきたいと思います。

 さて、ここに懐かしいチラシが! 『ベクトル・フレンズ』というミュージカルで、さらだたまこが、およそ18年前に書いたもの。10年くらい前くらいの意識でしたが、もうそんなに経つんですね。振付家の謝珠栄さんが総合企画・構成・演出したステージの中で、やはり書き下ろしということでオリジナルのストーリーを作りました。物語の設定はピザのデリバリーショップでバイトする青年が主役。今ではすっかりポピュラーな宅配ピザですが、当時は、“新しくトレンディな職場”のイメージでしたね。で、お話は主演の青年がバイク事故で怪我をして夢破れ自暴自棄になっているときに、出会った少女に励まされ、怪我を克服して歩き出すという・・・宅配ピザという設定以外はとりたてて新しさもなく、まあ、よくある展開(わかっていても泣けてしまうという)で書いてしまったところがあるのですが、ミュージカルスターを目指す若きダンサーたちが情熱をぶつけて全身で演じる舞台には熱い気迫がたちこめてました。謝さんが宝塚出身なので、当時会場には現役の宝塚の団員の方々もちらほら。で私が観ていた席の真後ろで、ヅカガールの一人が号泣! 「なんだか自分と重なっちゃってね!」と。号泣のワケは後進たちの体当たりの演技にあったと思います。